知っておきたい確定申告のあれこれ

>

年末調整っていったい何?

申告と年末調整の違いを知ろう。

年末調整とはどういう意味かご存知でしょうか。
小生とは1年間で働いた給与から税金を払っているわけですが、所得税の過不足を計算して調整するのが年末調整と言われています。
給料日の時に所得税はあくまでも概算なので、ここからさらに生命保険屋様々な控除があるので計算をし直さなければいけないのです。
場合によっては払い過ぎによってが帰ってくる場合もありますしもちろんお金を払わなければいけない場合もあります。
会社に勤めている人達はこのように年末に税金について全て計算がし終わっている状況なので、確定申告をする必要はありません。
確定申告をしなければいけない対象者の方は年末調整をしていないため、確定申告が必要になってくるというわけです。

年末調整で控除の対象となる人

年末調整でお金が返ってくる人には理由があります。
一番よく知られているのが配偶者控除そして扶養控除です。
配偶者が年間で38万円以上働いていない人が対象者で、それ以上働いている人は控除対象外です。
扶養控除は子供がいる方はご存知でしょう。
子供に対する扶養控除です。
もう一つ知っておきたい控除対象者は障害者です。
自分の扶養になっている家族の誰かが障害を持っており、障害者手帳を持っている人が控除の対象です。
この障害者控除は、会社の人又は事務の人に自ら教えないと、わかり得ないことなので、本人の障害者手帳のコピーを持参の上、年末調整に取り掛かってもらった方が良いでしょう。
生命保険も同じで会社とは別に自ら入っている生命保険がある場合は、速やかに申告してください。


TOPへ戻る