知っておきたい確定申告のあれこれ

>

会社員でも時に確定申告は必要

本業のほかに収入がある人

確定申告は会社に働いている立場でも必要です。
会社員として普段働いているがその給料とは別に収入がある人です。
要は例えると会社での収入とマンションやアパートを経営しているため自分に入ってきたお金を合わせると年収2000万円を上回る人です。
そうした場合会社での確定申告では全体の収入ではないので、まとめて行うと良いでしょう。
会社で作成された年末調整の書類を一緒に確定申告の手続きをする際に提出します。
その際に間違った記載をしてはいけないので、税理士に頼む人の方が多いようです。
もちろん自分でも書類をそろえて、必要なところに記入をして提出することは可能なのですが、間違いがあってはいけないものなので、税理士の方に頼むのがベストだと思います。

確定申告は税理士に任せた方が良い

本業のほかに副業や別収入がある方は、最初に本業の会社の年末調整の書類と一緒に税務署で確定申告を行います。
その際に所得税の納税も一緒に行います。
その手続きが終わったら、本人は通知がくるまで待ちの状態です。
その際に税務署は支払わなければならない税金を計算し、本人が住む市役所に税額を連絡します。
そして本人に支払わなければならない住民税を支払うよう、通知が来るというわけです。
単純な作業に思えるかもしれませんが、記載しなければいけない内容が複雑なのは確かです。
そして本人も年末年始に確定申告があり支払わなければならない税金の分を考えていないといけません。
収入が多いほど支払わなければいけない税金の金額も高額になってしまいます。
お金に余裕があるのなら、専属の税理士さんを付けるのも良いかもしれません。


TOPへ戻る